会報「近畿農協研究会」№256

2016年(平成28年)度近畿農協研究大会(通算第256回研究会)
テーマ:「創造的自己改革」をどう実践するか
と き:2017年1月13日㈮13:00~17:00
ところ:京都テルサ


代表者挨拶:
      近畿農業協同組合研究会             代表者  増 田 佳 昭
歓迎の挨拶:
      京都府農業協同組合中央会            会 長  中 川 泰 宏 氏
座長解題 :
                       滋賀県立大学名誉教授  小 池 恒 男 氏
報 告 Ⅰ:自己改革をどう進めるか-農協「改革」の現段階を踏まえて-(pdf 963kb)
                横浜国立大学・大妻女子大学名誉教授  田 代 洋 一 氏
報 告 Ⅱ:JAぎふの自己改革に向けた取り組み-積極的な自己改革への挑戦-
      岐阜県 ぎふ農業協同組合           常務理事  岩 佐 哲 司 氏
(総括討論)
座   長:                 滋賀県立大学名誉教授  小 池 恒 男 氏
コメンテーター:
      京都府 京都中央農業協同組合       代表理事専務  稲 田 正 文 氏
      関西大学 経済学部               教 授  樫 原 正 澄 氏


〈参加者名簿〉
〈会員の声〉
      JA滋賀中央会 総務教育部                廣 瀬 英 幸 氏
      JA全農京都 生産資材部                 川 勝 昭 紹 氏
〈事務局だより〉
      アンケート結果